• Facebook Clean
  • Instagram Social Icon

フェイスブック

facebook

インスタグラム

instagram​

〒210-0006 日本神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F       

044-210-0019

​小児歯科

小児歯科の役割

小児歯科では、生まれてから歯が生え替わる前までの、いわゆる乳歯と呼ばれる歯の治療や虫歯の予防を行います。

歯科医院には歯が生えてから行くものだとお考えの方も多いと思いますが、歯がまだ生えていない赤ちゃんの時から、悪い習慣を身につけないようにすることで歯並びが悪くなるのを防げることがわかっています。

歯は、舌の筋肉や頬や唇の筋肉の圧、呼吸の圧など様々な力の影響を受けて生える位置が決まります。

すなわち、歯が生える前からでも歯科医師が介入して保健指導をさせいただくことも大事なことと考えています。

這い這いをしっかりとする期間を設ける、母乳を吸啜する、飲水時にストローを多用しない、食事のときは姿勢をよくして食べることなどの習慣が、お子様の将来の歯並びなど口腔環境へ影響します。

子どもは甘いものが好きな傾向にあるため虫歯になりやすく、乳歯の虫歯を放置すると永久歯に悪い影響を与えることもあります。また、子どもの頃は歯磨きの方法も未熟です。

歯磨きの正しい方法を指導していくことも小児歯科の役割です。

乳歯は虫歯になりやすい?

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいです。その理由は4つあります。

1:乳歯が永久歯と比べてエナメル質・象牙質の厚さが半分程度しかないため。

2:子供は甘いお菓子を好む傾向にあるので、お口の中に糖分がある時間が長く、口の中が酸性になる時間も長いため。

3:永久歯に比べて乳歯の形状は歯と歯の間にものが挟まりやすいため。

4:乳歯は歯並びが悪いことが多く、歯磨きが難しいからといわれているため。

虫歯の予防処置がある

小児歯科では大切な子どもの歯に虫歯ができないように、予防処置をとることを勧めています。

1つは、歯面フッ素塗布です。

フッ素を歯の表面に定期的にコーティングすることで虫歯になりにくい歯が育つのです。

フッ素には歯の質を強くしたり、虫歯菌の働きを抑えたりする効果があります。

3ヶ月~6ヶ月に1度程度の塗布で効果があります。

もう1つは、シーラント処理(小窩裂溝填塞法)です。

乳歯は噛む面(咬合面)などの溝が深いため汚れが溜まりやすくなります。

そういった深い溝の部分をプラスチックで塞ぐ処置のことをいいます

この処理を行うことで汚れもたまりにくく、虫歯を予防することができます。

深い溝の部分に食べかすが入り込んでしまいます。

溝に入ってしまった食べかすを歯ブラシで落とすのはむずかしいです。

食べかすが入らないように、溝を材料で埋めます。

痛くない治療を心がける

子どもの深層心理に歯医者が怖い場所であるというイメージを刻まないために痛くない治療を心がけ、なるべく楽しいと思ってもらえる時間を作るようにしています。

幼少期の歯医者での痛い経験は大人になっても忘れられるものではありません。

歯医者が嫌いになってしまうと、大人になっても歯医者を敬遠する傾向があり、多少の虫歯では放置してしまう習慣が付いてしまうのです。

そのようにならないためにも、苦痛な時間と感じないような治療をこころがけております。

小児の矯正治療

小児矯正の適齢期の7歳から矯正をするとたくさんのメリットがあります。

大人になってから矯正治療するのは、働きながら、子育てをしながらなど大変な場合があります。