マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

Mouthpiece Orthodontic
インビザライン

・細かい費用を知りたい

・どんな治療法があるのか

・子供の歯並びが気になる

などの質問にお答えいたします!

まずは、お気軽に

初診矯正相談にどうぞ!!

笑顔で始める「新しい歯科矯正治療」

マウスピースを用いて矯正治療を行う方法です。透明なマウスピースを使用しますので、周囲の人から目立つことなく、歯並びを綺麗にしていくことが人気の理由です。

マウスピースは取り外すことができるので、問題なく食事を楽しむことができ、歯磨きも行えます。

装着していても周囲から気づかれにくいため、矯正治療中でも笑顔を見せることができます。

​患者様一人ひとりの歯に合わせてカスタマイズされたマウスピースを2週間ごとに交換しながら装着することで段階的に歯を動かしきれいな歯並びへと変化を遂げていきます。

​川崎駅で矯正治療をご検討されておられましたら、是非初診矯正相談をご利用ください。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の
メリットとデメリットとリスクについて

マウピース矯正
マウスピース矯正
メリット
審美的ストレスを感じない

​透明のマウスピースを使用するので、人と会話するときや、写真を撮るとき、笑顔を見せたときでも目立ちません。

衛生的でトラブルが少ない

従来の矯正装置と違って、ワイヤーやブラケットを用いないので、装置がはずれてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

​また取り外しができることで普段どおりに歯のお手入れができるため、衛生的で虫歯や歯周病のリスクも減ります。

食事を楽しむことができる

従来ですと治療中は食べるものが制限されがちになってしまいます。

しかし、インビザラインなら食べるときはマウスピースは外していただくため、問題なく食事を楽しむことができます。

見えない矯正
インビザライン
デメリット

歯の移動距離が大きい症例や、歯のねじれをとるような動きが苦手

 1日20時間以上つけていただいて動かす為、患者様の協力が必要不可欠

インビザライン

リスク

正しい装着方法で1日20時間以上使用しないと、目標とする治療結果を得られないことがあります。患者様のしっかりした自己管理が必要になります。

お口の症状によっては、マウスピース型矯正装置で治療できないことがあります。

お口中の状態や使用の方法によっては、治療計画通りの結果が得られないことがあります。

個人差がありますが、新しい装置に交換したあとの1日~3日は歯の動く痛みを覚えることがあります。

長期間マウスピース型矯正装置を使用すると、奥歯が噛まなくなることがあります。

装着したまま糖分の入った飲むものを飲むと、虫歯を発症しやすくなります。

治療途中で、表側ワイヤーを使用した治療への変更が必要になることがあります。

お口の状態によっては、マウスピース型矯正装置に加えて補助矯正装置が必要になることがあります。

治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。

治療によって、ごくまれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。

ご自身で取り外せるため、紛失することがあります。

※注意事項

①マウスピース型矯正装置(インビザライン)は医薬品医療機器等法(薬機法)の

​承認を受けていない未承認医薬品でカスタムメイド矯正装置。

​②マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.)の製品であり、子会社のインビザライン・ジャパン株式会社を介して入手しています。

③国内にもマウスピース型矯正装置ちして医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を

​受けているものは複数存在します。

④マウスピース型矯正装置(インビザライン)は1998年にFDA(米国食品医薬品局)により​医療機器として認証を受けています。

⑤マウスピース型(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の矯正装置であり、

承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります​。