• Facebook Clean
  • Instagram Social Icon

フェイスブック

facebook

インスタグラム

instagram​

〒210-0006 日本神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F       

044-210-0019

小児矯正

scroll

Pediatric orthodontics

小児矯正歯科とは

小児矯正は乳歯と永久歯が混在している『混合歯列期』に行う矯正治療のことです。矯正治療開始の適齢年齢は7歳です。

 

顎顔面形態の正しい成長はバランスのとれた顔貌・咀嚼の改善・発音の改善などを獲得できます。

また、口呼吸を改善し鼻呼吸を可能にすることで、睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足による日中の子供の集中力低下を予防します。

 

そして、子供のうちに成長とともに歯の生える位置を誘導し、顎の骨が正しく発育するよう促します。

顎の成長をコントロール(成長促進や抑制)が可能な時期は子供の身長の成長がある期間に限られてしまうため、適切な時期に一度

​矯正歯科に受診されることをオススメいたします。

主に夜、寝るときに取り外し式の装置を使用し、お子様の装置へ対するストレスを抑えつつ骨格や歯列の治療を行います。

小児矯正のメリット

矯正と聞くと痛みを伴いそうですが、小児矯正は正しく成長するよう誘導するように行うので、無理な力がかかりません。

そのため痛みが少なく治療が行えます。

1.

痛みが少ない

大人になってから顎の骨を正しく整える治療を行うのは非常に困難ですが、小児矯正では成長を利用して顎の骨を整えるため負担が少なく正しく成長します。

3.

顎が正しく成長する

成人矯正では、抜歯が必要になるケースも結構あります。小児矯正をしておくことで、大人になって矯正が必要になった場合でも抜歯をする可能性が低くなります。

5.

​抜歯を避けやすい

基本的には夜、寝るときに矯正装置をつけていただきます。

四六時中つけているわけではないので、お子様の負担は少なく治療を進められます。

2.

取り外しができる

全身にも影響を与える咬み合わせを幼少期から整えておくことで、心身ともに健康になり、集中力も上がります。

​将来虫歯や歯周病になりにくくなります。

4.

​正常な噛み合わせに

永久歯が生え揃った後に歯をキレイに並べるために矯正が必要が場合にも土台を整えておくことで、抜歯が不要になるなど簡単な治療で済む可能性が高くなります。

6.

成人矯正が簡単に

子供の歯列に影響する悪癖
Show More